このページの本文へジャンプ

メニューへジャンプ

講演会・大学講座

平成30年9月8日(土)大学講座「火力発電プラント向けIoTソリューション」「電動機駆動回転機の電流情報量による設備診断技術及び火力発電プラントへの適用」

日時・会場

火原協本部会議室 港区芝2-31-15北海芝ビル5階

                        

テーマ

「火力発電プラント向けIoTソリューション」

講師

東芝エネルギーシステムズ(株) 大熊 栄一氏

講座内容

  東芝は,お客様と協力して発電所の運転員・保守員に身近で真に役立つ,発電所向けのIoT技術の適用と開発を進めています。コンセプトは「Do it with you」。目指しているのは,発電と運用保守の経済性を向上させることです。具体的な例として,国内で関心の高い異常徴候検知と異常検知された際のRCA(原因追及分析)及び,最新のプラント性能管理などについて解説いたしました。
201809140933_3.jpg
201809140933_4.jpg

資料(抜粋)

<

                        

テーマ

「電動機駆動回転機の電流情報量による設備診断技術及び火力発電プラントへの適用」

講師

三菱日立パワーシステムズ(株) 森下 靖氏・(株)高田工業所 劉 信芳氏

講座内容

  電気盤に取付けた電流クランプセンサーで計測したモータ電流信号を多重解析することにより,モータおよび回転機械の状態診断を可能にしました。従来では,振動計測が困難な回転機械の状態診断を,簡単・安全・正確に行うことができます。その診断技術および診断システムについて,火力発電所設備に適用した事例を解説いたしました。
201809140933_1.jpg
201809140933_2.jpg
 

資料(抜粋)

<

次回開催のご案内


レポート一覧