このページの本文へジャンプ

メニューへジャンプ

講演会・大学講座

2020年度 中部支部リモート講演会(8/25(火))

お申込はこちら

講演会 [現在の残席状況] 残り席

開催 中部支部開催
日時 2020年08月25日(火) 13:00 ~ 16:20 (会場受付 12:30 ~ )
場所 【名古屋会場】 東桜会館 1階 第2会議室              【富山会場】  北電ビル 2階 021会議室  
内容1 講座名 ①発電用ボイラ本体における経年劣化と保守
内容紹介 発電用ボイラ本体における典型的な損傷事例と検査手法,対策例に加えて,高稼働率運用実現のため予防保全の考え方や実施事例,IoT技術を活用した最新の当社取組みについて事例を紹介する。
講師 株式会社IHI 資源・エネルギー・環境事業領域 ボイラSBU
    保守技術統括センター 国内サービス部       岸本 信二 氏
内容2 講座名 ②蒸気タービンの保守管理・予防保全技術
内容紹介 蒸気タービンの長期運用は部品交換や改修による延命化,最新技術適用による高効率化等を含む効果的な保守と予防保全への取り組みが安定運用の維持,故障・計画外停止の回避を図るためにも重要であり,経年機に対する最新技術を適用した事例および予防保全技術を紹介する。
講師 富士電機株式会社 発電プラント事業本部 サービス統括部
    火力・地熱サービス技術部          主査 加藤 秀雄 氏
内容3 講座名 ③タービン発電機の保守・予防保全について
内容紹介 再生可能エネルギーによる発電量増加に伴い,火力発電プラントでは負荷変動や起動停止が増加している。また,定期点検のインターバル延長や工期短縮の傾向もみられる。そのため,タービン発電機の保守・予防保全がこれまで以上に重要になってきており,これに関して紹介する。
講師 三菱日立パワーシステムズ株式会社 サービス本部 日立サービス部
    発電機サービス技術グループ     グループ長 横山 一司 氏
対象者 会員及び非会員
募集定員 80名(先着順)
受講料 法人会員・個人会員無料 非会員2000円/名(リモート聴講は無料)
申込方法 ★添付申込書にご記入いただき事務局(chubu@tenpes.or.jp)まで
 電子メールで送付ください。

★リモート聴講をお申込みの方には後日、手法等のご連絡をさせていただきま
 すので、アドレスはお間違えのないようご記入下さい。
 
連絡先 〒450-6318 名古屋市中村区1-1-1 JPタワー名古屋18階
      (株)JERA 西日本O&M・エンジニアリング計画部内
 (一社)火力原子力発電技術協会 中部支部事務局 村田・山中
  TEL:080-8657-5497  FAX:052-740-6841
  E-Mail:chubu@tenpes.or.jp
申込期限 2020年08月18日(火) (定員になり次第、受付を終了させていただきます。)
備考 ●今回の講演会はリモート会議方式を基本とした講演を試行的に行います。
●会場へお越しになることなく聴講いただけます。
●インターネットに接続されているパソコンやタブレットで聴講できます。
●名古屋・富山の同時配信で行います。
●インターネットでの聴講が不可能な場合、名古屋・富山両会場で聴講いただけますが、新型コロナ感染防止の対策を取らせていただきます。詳細は別紙の【新型コロナウイルス感染予防対策についてのお願い】をご覧ください。


※ 非会員の方は、通常は聴講料2000円(税込)を頂戴しておりますが、今回は試行的なリモート講演会となりますので、リモート聴講に限り無料と致します。(会場へお越しの場合は2000円)
添付ファイル