このページの本文へジャンプ

メニューへジャンプ

講演会・大学講座

北海道支部 平成30年度講演会開催のご案内 11月15日(木)

講演会 ※申込の受付は終了いたしました。

開催 北海道支部開催
日時 2018年11月15日(木) 13時30分~16時30分(受付13:00~13:30)
場所 ニューオータニイン札幌 2階 北斗の間(札幌市中央区北2条西1丁目)
内容1 講座名 (1)発電用ボイラ本体における経年劣化と保守(13:35~14:25)
内容紹介 発電用ボイラ本体における典型的な損傷事例とその対策例、ならびに高稼働率運用の実現ニーズに対応した予防保全の考え方や実施事例、さらに昨今のIoT技術を活用した取り組み事例をご紹介いただきます。
講師 株式会社IHI 
資源・エネルギー・環境事業領域 ボイラSBU 保守技術部
標準化・技術品質グループ  課長代理 小島 史生 氏
内容2 講座名 (2)燃料費を削減するボイラ燃焼ソリューション(14:35~15:25)
内容紹介 ボイラの燃焼効率を改善し、ボイラ排ガス熱損失の低減により燃料費を最大1%削減するパッケージソフトウエア(ボイラ燃焼ソリューション)の概要、設置方法と試運転結果などについてご紹介いただきます。
講師 富士電機株式会社 
技術開発本部 イノベーション創出センター 
IoTプロジェクト室  主席 稲村 康男
内容3 講座名 (3)再生可能エネルギー導入時における火力発電のメリットオーダーの変化と調整力の価値評価に向けた取り組み(15:35~16:25)
内容紹介 太陽光発電の導入が進んだ場合における、火力発電や揚水発電のメリットオーダーの変化について説明いただきます。また、再エネ導入拡大時の火力発電の調整力と需給安定性の関係について説明いただくとともに、火力発電の調整価値を評価する手法についての取り組みをご紹介いただきます。
講師 一般財団法人 電力中央研究所
エネルギー技術研究所 次世代火力発電領域  上席研究員 吉葉 史彦 氏
対象者
募集定員 60名(先着順)
受講料 法人会員・個人会員:無料、会員外:2,000円/名(当日徴収)
申込方法 当HP「お申込みはこちら」ボタンから申し込むか、添付の「平成30年度火力原子力発電技術協会北海道支部 講演会参加申込書」に必要事項をご記入いただき、10月31日(水)までに北海道支部事務局へ郵送またはメール送信によりお申込下さい。
なお、定員(60名)を超えた場合は、締め切らせていただきます
連絡先 〒060-8677
札幌市中央区大通東1丁目2番地
北海道電力㈱ 火力部内
(一社)火力原子力発電技術協会 北海道支部事務局(伊藤)
TEL(011)251-4385
E-mail:hokkaido@tenpes.or.jp
申込期限 申込の受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。
なお、このお知らせと行き違いで、お申し込みをいただいた場合は、何卒ご容赦ください。
備考
添付ファイル
戻る