このページの本文へジャンプ

メニューへジャンプ

講演会・大学講座

平成30年12月15日(土)大学講座「MHPSの最新環境装置(AQCS)」「微粉炭焚きボイラの灰付着障害とその対策」

大学講座 ※申込の受付は終了いたしました。

開催 本部開催
日時 2018年12月15日(土) 13:00~17:00
場所 火原協本部会議室 港区芝2-31-15北海芝ビル5階
内容1 講座名 「MHPSの最新環境装置(AQCS)」
内容紹介 発電所等固定発生源からの排ガス中の規制対象物質(窒素酸化物,硫黄酸化物,水銀,ばいじん)の最新に対する処理技術について解説します。
講師 三菱日立パワーシステムズ(株) 永井 良憲氏
内容2 講座名 「微粉炭焚きボイラの灰付着障害とその対策」
内容紹介 微粉炭焚きボイラは,炭種や運転条件によって,石炭灰に起因する灰付着障害(火炉スラッキング,後部伝熱面ファウリング,硬質クリンカ生成)により,運用に支障を来たす場合があります。その対策として設備面・運用面から様々な取り組みを実施しています。本講義では,石炭灰性状を基にした灰付着障害の予測・評価方法やクリンカ付着防止剤等の灰付着対応技術,灰付着状況を把握する手法・技術について,発電所における実際の取り組み内容を交えながら解説します。
講師 電源開発(株) 中富 仁氏,(一財)電力中央研究所 若林 信行氏
対象者 当会会員
募集定員 40名(先着順)
受講料 (1名1日分) : 個人会員 2,000円  法人会員所属者 8,000円
申込方法 上記各講座案内、右端の『お申込みはこちら』ボタンをクリックして、所要事項をご入力のうえお申込み下さい。
連絡先 火力原子力発電技術協会 総務部
mail:lecture@tenpes.or.jp
TEL:03-3769-3090
FAX:03-3769-3093
申込期限 申込の受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。
なお、このお知らせと行き違いで、お申し込みをいただいた場合は、何卒ご容赦ください。
備考 ※お申し込みの際にご記入いただいたデータは大学講座以外には使用いたしません。
※ 講義内容、講師は一部変更する場合があります。
添付ファイル
戻る