このページの本文へジャンプ

メニューへジャンプ

講演会・大学講座

平成29年9月9日(土)大学講座「復水器の機能と構造」「給水加熱器の機能と構造」

大学講座 ※申込の受付は終了いたしました。

開催 本部開催
日時 2017年09月09日(土) 13:00~17:00
場所 火原協本部会議室 港区芝2-31-15北海芝ビル5階
内容1 講座名 「復水器の機能と構造」
内容紹介 復水器は,火力・原子力発電設備において,タービンを回転させた高温高圧の蒸気を冷却する重要な役割を担っています。器内は真空状態で冷却源には大量の海水や河川水を使用しており,いかに効率よくタービンからの蒸気を冷却できるか,またタービンの背圧を下げプラント熱効率をどこまで向上させられるかが重要となります。本講座では,復水器の構造や機能,そして熱力学基礎に基づく基本設計について解説いたします。
講師 三菱日立パワーシステムズ(株) 橋本 貴嗣氏
内容2 講座名 「給水加熱器の機能と構造」
内容紹介 タービンプラントでは,主機である蒸気タービンおよび発電機のほかに,一般に補機と総称される多数の機器から構成されています。その中で給水加熱器は,蒸気タービンからの抽気を用いてボイラへの給水を加熱し,タービンプラントの熱効率を向上させる目的に使用されます。給水加熱器は管式熱交換器が採用され,管内に給水を管外に抽気およびその凝縮水を流動させ,加熱管の内外表面の熱交換を行うものです。本講座では,給水加熱器の機能および構造などに関する基本的な項目について解説いたします。
講師 三菱日立パワーシステムズ(株) 堤田 真矢氏
対象者 当会会員
募集定員 40名(先着順)
受講料 (1名1日分) : 個人会員 2,000円  法人会員所属者 8,000円
申込方法 上記各講座案内、右端の『お申込みはこちら』ボタンをクリックして、所要事項をご入力のうえお申込み下さい。
連絡先 火力原子力発電技術協会 総務部
mail:lecture@tenpes.or.jp
TEL:03-3769-3090
FAX:03-3769-3093
申込期限 申込の受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。
なお、このお知らせと行き違いで、お申し込みをいただいた場合は、何卒ご容赦ください。
備考 ※お申し込みの際にご記入いただいたデータは大学講座以外には使用いたしません。
※ 講義内容、講師は一部変更する場合があります。
添付ファイル
戻る