このページの本文へジャンプ

メニューへジャンプ

出版物

東北地方太平洋沖地震 火力発電所の被害と復旧調査報告書

東北地方太平洋沖地震 火力発電所の被害と復旧調査報告書

 平成23年3月11日に発生した東北太平洋沖地震は、直後に発生した巨大な津波とともに、東日本の太平洋側にある多くの発電所を直撃し、被害を受けた発電設備は点検中の設備を含め約3,000万kWと、東北電力と東京電力が持つ供給力の約3分の1の発電能力を奪い去りました。 
 今回の大震災により被害を受けた火力発電所は、電力の安定供給という責任により、一刻も早い火力発電設備の復旧を使命として、今でも現場で懸命な取り組みが行われています。 
 当協会では、震災復旧調査委員会を立ち上げ、直ちに被災した11カ所の火力発電所を調査し、さらに復旧を果たした発電所取り組み状況、今後の大規模災害へ向けての課題をまとめました。 
 将来想定される関東、東海、東南海地震などへの火力発電設備への被害を最小化し、よりリスクの少ない電力安定供給を実現するために、本書を必須図書としてご活用されますようお薦めいたします。

カテゴリ 解説手引き書
主要目次
  • 1.東北太平洋沖地震について
  • 2.火力発電所の被害状況
  • 3.火力発電所の被害への復旧対応について
  • 4.今後の大規模災害に向けての対策(事業所事例紹介)
  • 5.東北太平洋沖地震を振り返って
  • (添付資料)
  • 1.設備被害状況写真
  • 2.協会誌 特集 震災からの復興状況
  • 3.兵庫県南部地震との比較
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
コード 0003
発行年月 2012年9月
判型 A4
ページ数 162ページ
定価 10,600円  会員特別価格:7,400円  送料:350円
発行所

一般社団法人 火力原子力発電技術協会

〒105-0014 東京都港区芝2-31-15

TEL:03-3769-3090 FAX:03-3769-3093

取引銀行

みずほ銀行 虎ノ門支店(普通預金 口座番号 1445640)

三井住友銀行 日比谷支店(普通預金 口座番号 2692566)