このページの本文へジャンプ

メニューへジャンプ

出版物

火力発電設備 計算機-制御装置間通信プロトコル標準規格(TNS-S3201-2012)

火力発電設備 計算機-制御装置間通信プロトコル標準規格(TNS-S3201-2012)

 発電所を監視制御するための計算機や制御装置は、複数のメーカによって構成されることが多く、対策として、共通の通信プロトコルを設定し、ゲートウェイを設置して伝送信号の授受を行っています。この通信プロトコルは、計算機-制御装置のユーザ、メーカ間でプロジェクト毎に決定されることがほとんどで、同じ電力会社内でも発電プラント毎に様々な仕様が用いられてきました。


 そこで平成22年12月から電気事業連合会 火力制御技術分科会 電力ユーザ火力制御会のもとで、異メーカの装置を接続する際の通信プロトコルを標準化する事によりゲートウェイ装置の標準化によるコストダウンと設計の省力化を図ることとし、本規格が完成いたしました。 
 本書は、発電設備に設置する計算機・制御装置の異メーカ間接続を行うイーサネットゲートウェイ装置の伝送仕様についてまとめております。 
 火力発電設備のみならず、複数メーカにまたがる大規模なプラント設備を中央で集中管理する場合に、本規格を参考に設計されると、設計の省力化が図れることから、本書を必須図書としてご活用されますようお薦めいたします。

(平成30年2月)
一部軽微な変更があります。立ち読みするに正誤表を掲載しました。
ご確認ください。

カテゴリ 技術基準
主要目次
  • 1.目的
  • 2.基本事項
  • 3. ハードウェアの選定
  • 4. システム構成
  • 5. ゲートウェイ伝送仕様
  • 6. 伝送二重系制御方式
  • 7. 異常処理
  • 8. システム定数(参考)
  •  
コード 4037
発行年月 2012年8月
判型 A4
ページ数 35ページ
定価 4,600円  会員特別価格:3,200円  送料:300円
発行所

一般社団法人 火力原子力発電技術協会

〒105-0014 東京都港区芝2-31-15

TEL:03-3769-3090 FAX:03-3769-3093

取引銀行

みずほ銀行 虎ノ門支店(普通預金 口座番号 1445640)

三井住友銀行 日比谷支店(普通預金 口座番号 2692566)