このページの本文へジャンプ

メニューへジャンプ

調査研究

調査研究事業

本会は、定款に基づき、火力及び原子力発電に関する技術等に係る調査研究事業として、次の事業を行っています。

  • (1)
    火力発電に関する技術等の調査研究
  • (2)
    火力発電に関する技術等に係る規格標準等の作成
  • (3)
    火力発電に関する技術等の情報の収集及び提供
  • (4)
    火力発電に関する技術等に係る内外関係機関等との交流及び協力

現在、主に次の事業に取り組んでいます。

規格標準等の作成

  • JIS改正原案作成事業
     →JISB8224「ボイラの給水及びボイラ水ー試験方法」改正原案の作成
  • IEC/TC5(蒸気タービン)日本委員会事務局

調査研究

  • 火力発電必携改訂事業
     →本会が発刊する「火力原子力発電必携」改訂第8版の作成
  • 火力・原子力発電所 設備要覧改訂事業

情報の収集及び提供

  • 国際交流事業
     →ドイツに本部を置く「VGB」と、定期的な技術情報交換等を実施

受託調査研究

本会では、定款に定めた事業目的を踏まえて、経済産業省等からの受託事業を実施しています。これからも、火力発電技術の専門家ネットワークにより、様々な課題にお応えしていきます。

これまで実施した主な受託調査

  • BWRタービン改良設計にかかる設計の妥当性検証手法に関する調査
  • 未利用エネルギー活用調査[平成22,23,24年度:経済産業省]

調査研究事業の実施体制